« なんのおと? | トップページ | 10月のまとめ »

ドイツで暮らすということは…

毎週日曜日の午前中、旦那さんはソフトボールbaseballの練習に出かけています。

来月、ソフトボール大会が開催されるためです。

このソフトボール大会は毎年春cherryblossom・秋maple2回開催されていて、今年の春は雨rainで中止になってしまったため、私はまだ参加したことがないのですが、企業対抗戦のようで、何千人もの日本人が集まってプレーするという一大イベントのようです。

その試合に向けて週末のお出かけが難しくなりましたが、家族サービスが大好きな…いやいや、娘とのお出かけが大好きな旦那さんは、練習から帰ってくると「さあ、出かけよう!」と気合十分dash

今週は「アーヘン」へ。

アーヘンはデュッセルドルフから80キロ位離れた、ベルギーとオランダ国境に近いドイツ西端の街。

レンガ造りの建物や古い石畳が残る街並みは眺めるだけでも楽しいsign03ということで期待に胸をふくらませheart02出発rvcardash

高速道路を走っていると、前方に車の列が…carcarcar

「渋滞か~、でもきっと大したことないよ!」などと最初は言っていましたが…

しばらくすると全く進まなくなり、とうとう動かなくなってしまいましたcoldsweats02

「なんなんだろう???」

しかし、情報は全くありません。

唯一の情報源であるナビは「この道は閉鎖されています」というのみ…。

高速道路なので途中で抜ける事も出来ないし、ただただ進むのを待つのみsweat02

carcarcarcarcarrvcarcarcarcarcardash

まわりの車はエンジンを切って、外で話し始めたり、たばこを吸ったり…

途中、パーキングエリアもないため、男性と子供たちは外で用を足し始め、女性でも沿道の木蔭へ向かう人が…coldsweats02

私もトイレへ行きたかったのですが、さすがにそれは出来ません…coldsweats01

ゆっくりゆっくり進んで行き、4時間後位にようやく、ある看板が見えてきました。

そこには「ここからは9月9日~14日まで工事の為、閉鎖します」と書かれていました。そしてその先にある道が塞がれていたのです!

もっと前にこの看板があれば、いや、もっと前にこの事実を告知していれば、誰もこの道を通らずに済んだのではないだろうか??

こんな風に何時間も閉じ込められるような目には合わなかったことでしょう。

日本だったら高速道路の閉鎖なんて、数ヶ月前から横断幕を掲げたり、コマーシャルでお知らせしたり、何らかの告知が絶対にあったはず。

ハッキリとした告知もなく突然閉鎖したら、苦情殺到annoy、大騒ぎbombになって、もう、トップニュースtvになってしまうのではないでしょうか??

………というのは日本人の常識。

ドイツ人の常識ではないんですねぇ……。

現にドイツ人は渋滞中も「どうしたのだろう?」という顔はするものの、イライラするということはなく、普通に過ごしていましたcoldsweats01みんな文句一つ言わないのです。

そう、だから、ここで暮らすということは、こういう事態に遭遇してもイライラしてもしょうがないsign01するだけ損なのですsign01happy01

とはいうものの、やっぱり苦痛ですよねぇ~sweat01

渋滞から逃れ、家に着いたときはもう夜night

もちろん、アーヘンへは行けませんでした…sweat02

今週末から旦那さんは出張のため、しばらく忙しい…sweat01

あぁー、アーヘン、いつになったら行けるのでしょうかぁぁぁ??

|

« なんのおと? | トップページ | 10月のまとめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんのおと? | トップページ | 10月のまとめ »