« 2008年12月7日 - 2008年12月13日 | トップページ | 2009年1月4日 - 2009年1月10日 »

ケルン大聖堂 & 初☆小児科

Cimg0219_2 よく晴れた日曜日、気分が良いのでどこかへ出かけようrvcardashということになり、行ってきました「ケルン大聖堂」sign03

青空に向かってそびえ立つツインタワー!

高さ157メートルなので、東京タワーに比べたら小さいけれど、やはり世界最大といわれるゴシック建造物

その佇まいは迫力が違いますsign01

デュッセルドルフからケルンまでは約38キロrvcardash

比較的近い観光地なので日帰りで行けます。

ドイツの高速道路は、どの車もハイスピードで走るので、時速130キロ位ではバンバン抜かれてしまいますwobbly

時速150キロくらい出して普通の速度に感じてしまうから恐ろしい…sweat02

私は絶対運転できないsign01と思いましたcoldsweats01

なので、ケルンまでは1時間もかからずに到着です。

大聖堂の隣ではクリスマスマルクトも広がっていて、賑やかでしたxmas

早速グリューワインを飲んで体を温め、大聖堂見学へeye

日曜日だったので教会の中では礼拝が行われているようで、内部をじっくり鑑賞することができずちょっと残念でした…。

教会前で写真を撮った後、周辺を散策。

観光地なのでお土産屋さんらしいお店はちらほらありましたが、日曜日なので閉店しているお店ばかりcoldsweats02

日本だったら、観光地なんてどのお店も絶対にオープンしてると思うけど、さすがドイツ人!休日はしっかりお休みを取るようですcoldsweats01

「オー・デ・コロン」はフランス語で、訳すと「ケルンの水」というらしい。

そう、ケルンはオー・デ・コロンの発祥の地だったのです。

すっかりフランスかと思っていた私は驚きでしたeyesign03

なんでもその昔、ケルンでナポレオン軍が土産品にケルンの香水を買い求めたため、フランスでその名が知られることとなったらしい。

ケルンには1792年創業の老舗オー・デ・コロン店があるということで行ってみたかったけれど、やっぱりお休みでした…残念sweat02

ケルン大聖堂内を見損ねたし、オー・デ・コロンも買い損ねたので、また改めて足を運ぼうと思いますhappy01

その後、ケルンでランチを食べに旦那さんのお勧め鉄板焼き店へ行きましたrestaurant

Cimg0252 その名も「大都会」sign03

(クリスタルキングshineとは全く関係ありませんsmile

どうやらキッコーマンが経営しているお店のようで、スタッフは日本人ばかり。

入った瞬間に「いらっしゃいませ~!」と言われて、久しぶりの響きにちょっと嬉しかったhappy01

鉄板焼きのコースを食べたのですが、前菜のお寿司、天ぷらから始まり、カジキマグロの鉄板焼き、締めのステーキまで、ボリューム満点で美味しかったhappy02

Cimg0249

テーブル席に大きな鉄板があり、目の前で焼き上げてくれます。

客層は外国人ばかりsign03スタッフが日本人だったり、看板も日本語なので、日本人向けのレストランかと思いきや、日本人より外国の方に人気があるみたい。

ケルンに訪れた際は、また絶対来ようsign01と思いましたhappy01

さて、そんな楽しいケルン日帰りツアーだったのですが、翌日、娘が風邪ひきましたsweat01

天気が良かったとはいえ底冷えする寒さtyphoonと、想像以上に混み合っていたクリスマスマルクトでなかなか前に進めずに、人混みの中で過ごしてしまったからかな?と反省down

熱が38度&鼻水とくしゃみ、咳が出て、なんだか辛そうbearing

薬を飲ませたけれど、あまり良くならず、何かのウィルスに感染していたら??などと考え、小児科を受診することに。

これから健診や予防接種も受けていかなくてはいけないし、いろいろ相談できるドクターをそろそろ決めておかなくては!と思っていたので、その相談も兼ねて問い合わせました。

こちらには日本語通訳可能な病院がいくつかあり、電話で予約すれば、診察の際に通訳さんが付いてくれるとのこと。

早速、電話とかけてみると、なかなか繋がらない…telephoneannoy

何度かけても「今は出られないから後でかけ直して」といったことをドイツ語と英語で繰り返すテープの声ばかり…

前にも、「日本語OK」というところにかけたらドイツ人が出て、ドイツ語か英語でしか通じなったということがあったので、「またかぁ~」といった感じだけれど。

こっちはこういったことがよくあるそうです…ので、あまり気にせず、時間もなくなってきたので、日本語対応でない普通の番号にかけてみることに。

と、やはりドイツ人が電話口に出てきました。

「日本語対応の電話番号にかけたら繋がらないのでそちらにかけましたが、娘が風邪をひいたようなので診ていただきたい!日本語の通訳をお願いしたいのですが、明日の予約は出来ますか??」

などということを、なんとか英語で伝え、翌日、病院へ行ってみると、ドイツ人の女性ドクターが来て、通訳らしき人はおらず…結局、英語で受診しましたが…sweat02かなり錆びついた英語力…しみじみ感じてしまいます…down

でも、そのドクターはとても的確でわかりやすく、健診や予防接種のアドバイスもきちんとしてくれて、なんといっても家から歩いて数分という距離が何かあった時にはありがたいと思い、これからもこのドクターにお願いしようと思いました。

そのためにも、これからは錆びついた私の英語に油をタップリぬっていく努力をしなくてはな~punch

可愛い娘を守るため、ママはガンバリマスヨcoldsweats01

| | コメント (6)

« 2008年12月7日 - 2008年12月13日 | トップページ | 2009年1月4日 - 2009年1月10日 »