« 2007年11月18日 - 2007年11月24日 | トップページ | 2007年12月16日 - 2007年12月22日 »

いちょう並木散策

Cimg3382

Cimg3358

 

天気の良い小春日和の日曜日、

青山2丁目にある「神宮外苑いちょう並木」へ行ってきました。

今年は紅葉が遅れているなんていうニュースもありましたが、12月に入り丁度見頃になっていました。

青く澄んだ冬の空に黄金色のイチョウがとても良く映えていて美しかった!

風が吹くと枝から離れたいちょうの葉がパァ~と舞って、吹雪のように上から降ってくる。カバンの中にそんないちょうの葉が数枚入り込んでいました!何だか楽しくってそのまま持ち帰ってしまった私…何に使うでもないのに…

私がOLをしていた頃、オフィスはこのいちょう並木のすぐそばでした。

「いちょう並木、見頃になったよ!」と嬉しそうに話す上司に「そうですか…」といった具合で、たいして気にしていなかった。観に行くこともあまりなかったような気がする。

今考えるともったいないことをしていたな~と思います。

休日の今日は午前中から人出が凄かった。丁度「いちょう祭り」というのをやっていて、美味しそうな模擬店や物産品販売などのテントがたくさん並んでいた。本当は12月9日まででしたが、紅葉の時期が遅れたからか1週延びて16日まで開催されているそうです。

ここで「神宮外苑いちょう並木の豆知識」

いちょう並木が出来た年は、1923年(大正12年)3月、青山通りから樹高順に突き当たりに見える絵画館を大きく見せる遠近法を使って植えたそうです。

最初の写真が青山通りを背にそんな並木道の様子を観た写真です。

一番背の高い木は28メートル!

一番幹の太い木は290センチ!

4年ごとに整枝剪定作業を行って、円錐形の美しい樹形を保ち続けているそうです。

豆知識って程のこともなかったかな??

来年もこの時期にまた散策したいなぁ~

| | コメント (3)

« 2007年11月18日 - 2007年11月24日 | トップページ | 2007年12月16日 - 2007年12月22日 »