« 2006年9月17日 - 2006年9月23日 | トップページ | 2006年10月1日 - 2006年10月7日 »

入院生活5日目

午前6時20分、いつものように検温で起床。ホントに規則正しい生活してるなぁ~。体温は37℃…相変わらず微熱が続いています。

個室なので、顔を洗ったりなどの身支度が部屋の中で全て済んでしまう。いいねー。

音楽を聴きながら朝食を食べたり、お花の水を取り替えたり、優雅に過ごしていたら、悲しいお知らせが……

例のお隣さんがベット移動をするので、元の3人部屋に戻って下さい!とのこと。個室のインテリアが整ってきたところなのに…残念……。

すっかり個室の居心地の良さに目覚めてしまった私は、個室料を払うのでこのまま居てはダメですか??とお願いしたのだが、「もう次の方が決まっているので」と言われた…。

というか、この個室は「ご迷惑を掛けたお詫び」じゃなかったっけ??また荷物をまとめてベットごと大移動…何だったのかしら??ホントにあっという間、数時間の個室生活でした………。

悲しいことの後には嬉しいこともある!

先生が回診に来て、「明日の診察で良好であれば退院出来ますよ」と言われた!予定よりもかなり早い退院でビックリ!そんなに回復が早かったのかしら。きっと先生の手術がうまかったんだなぁ~。病院生活にも慣れてきたので嬉しい反面、なんだか名残惜しい気もする…。でも、早く退院するに越したことはないよね。

血液検査をうけ、この結果も良好であれば、めでたく退院!!

| | コメント (0)

入院生活4日目

昨日の夜は全く眠れなかった…。

同室のお隣さんが夜中に…

「おい!おい!ちょっと!意地悪ぅ~…」とか、「助けてぇ!ガスが!危ない!助けてぇ!…」とか、「スイマセン!スイマセン!お願い~!…」とか、何度も何度も叫んでいて、寝言なのか、本当に困っているのかよく分からなかったのだけれど、その度に私が起きて看護師さんを呼んでいたのです。

ベットにはナースコールがあるので、看護師さんが「急用の時はボタンを押してね」と手に握らせているようなのですが、そのボタンは押さずに、ず~と叫んでいるのでどうしようもなかった。その方の病状はハッキリわからなかったけれど、重症のようだったので可哀想な気もしたし。

でも、ほとんど眠れず朝を迎えたので体調もよくなかったし、これからこんな夜がずっと続くのも困るなぁ~とも思い、看護師さんに相談した。看護師さんは「そうですよね~大変ですよね。お部屋の移動も検討しますね」と言ってくれました。

私もそうだけど、ワガママな患者さんってたくさんいるんだろうな。そんな患者さん一人ひとりに献身的な看護をしている看護師さん達には脱帽です。看護師という職業の大変さ、素晴らしさを目の当たりにしました。

午後、この病院内にあるヘアサロンへ行った。看板の「レディーズ顔剃り」というのが気になっていたし、髪の毛もずっと洗えなかったので、シャンプー・顔剃り・フェイストリートメントというコースをお願いした。

丁寧にシャンプーしてもらい、顔剃りへ。自分の顔にこんなにもウブ毛が生えているの?と驚くくらい「ジョリジョリジョリ」と音をたてながら剃られていく。そして、フェイスマッサージへ。とても気持ち良くて、この頃には意識が殆どなくなっている…。最後に、海草パック、仕上げに化粧水と乳液で“さっぱり”☆ 美容師さんの親切な対応もありがたく、1時間半かけての入念な極上エステともいえるこの施術がお値段 “¥4,500”!!こんな施術を銀座・青山でうけたなら¥15,000位はしそうなのに…スバラシイ!!入院患者さん向けということですが、一般の方もOKとのことなので、退院後も通ってしまおうと思っている私。^^ いいサロンを見つけましたよ!

夕方、お世話になっている番組デレクター&局のスタッフの皆さんがお見舞いに来てくれた!すご~く可愛いお花と、美味しい「レピキュリアン」のお菓子を持って!こんなところまでありがたい!!みんなの励ましで元気になれるよぉ~、思いっきりスッピン顔を見られてしまったが………。

夕食後、婦長さんが来た。夜中のお隣さんのことや、入院するまでのいろいろ…など、ご迷惑をお掛けしているのでそのお詫びということで新しい病室を用意してくれました。

それが「個室」!!バス・トイレ・洗面台完備、ドレッサーに、テレビは個室なのでヘッドホンなしで見れる!なんてステキなお部屋なの☆まるでホテルに泊まっているような快適な夜を過ごしました^^

| | コメント (0)

入院生活3日目

午前6時20分、検温のため起床

37.2℃ 微熱が続いて気分はあまり良くなかった。

ずっと禁食だったので、今日からやっと食事が出来る!でも…………、食欲なし。朝食も美味しくない。病院の食事は噂通り、本当に味気ないね…^^;

午前9時 医師から診察を受け、術後の様子を見てもらう。出血もなく、良好のようだ。一先ず安心!

朝から姉が駆けつけてくれた!インスタントコーヒーや紅茶、チョコなど、買ってきてくれて、さらに病院にあるお花屋さんから可愛いフラワーアレンジメントが届いた!

「ここの病院の花屋さんはオーダーすると病室まで届けてくれるんだよぉ!」と以前、私が言ったことを姉は覚えててくれたみたいで、お花を注文しててくれたのです。

また、この病院内にはスタバもあって、スタバ・ラテも買ってきてくれました!「う~ん、術後のスタバは美味しいな~」……というか、久しぶりのコーヒーはとても美味しく感じた。

姉がいるのってホントにありがたい!小さい頃、姉はとても、とても厳しい人で、一人っ子だったらどんなに楽だったろう…と何度も思っていたけれど、今回のことで姉のありがたみをヒシヒシと感じました。

昼食を食べる頃には体調が随分良くなってきた。地下1階の売店へ行き、買い物が出来るほどに…って、本当はこんなに動いちゃっていいのかな?でも誰も止めないのよね。ナースステーションの前を思いっきり横切ってるんだけど、笑顔で挨拶!

売店では担当医師とバッタリ会ったのだけど、「どぉ~も!」といった感じで「動いちゃダメですよ!」などとは一切言われなかった。

意外と自由なんだなぁ~ということに気付く。でも、無理は禁物よね。やっぱり。

お風呂はしばらく入れないみたい。当分蒸しタオルで身体を拭かなくてはならないのだが、この蒸しタオルがちょっと臭うのよねぇ~。なんというか、雑巾ぽいというか…。余計、身体が臭ってきた感じがして使う気になれない…。ゴメンナサイ…。病院のお風呂はちゃんとした浴室があって、予約制になっていた。予約表の空いている時間帯に名前を書き込めば使用できるのだが、浴室が使用できるような容態の方はあまりおらず、空欄が目立つ。

病室には冷蔵庫がない。ナースステーションの横にあるデイルームにコインロッカーみたいな冷蔵庫があって、貸し出しになっている。一日¥157なので、早速借りて、姉が買ってきてくれたチョコを冷やして食べた。美味しかったぁ。味気ない病院食でも、食後のデザートがあればなんとかガマンできそうだ。

また、コインランドリーも設置されている。洗濯も病院内で出来るので便利だなぁ。

ちょっとした一人暮らしのようです。^^

| | コメント (0)

手術当日

午前6時半、起床。手術の準備に入る。

手術着に着替え、足には「コンプリネットプロ」という太ももまでの長い弾性ストッキングを履いた。これは、エコノミー症候群の予防らしい。ピアスも指輪もメガネも全て外して、身に付けるのは手術着とストッキングのみ。

午前8時20分、ベットからストレッチャーに移動、家族に見送られながら手術室へ。

手術室がある棟は、比較的新しく、白を基調にしたかなり近代的な建物でした。例えてみれば、スターウォーズのセットのような宇宙センターといった感じ。自動ドアで次から次へと部屋が繋がっていました。非常に興味深いのに、目の悪い私はあまりハッキリと見えなくて残念でした…。ここの棟には手術室が16室もあるらしく、さすが大学病院です。私はその中の「2」という手術室に入っていった。室内にはクラシック音楽が流れていました。リラックス気分にさせてくれる配慮なんでしょうね。ストレッチャーから手術台へ移動させられ、血圧計、心電図、心拍計などの装置を付けられた。医師の手術着といえば緑色というイメージでしたが、ここには赤い手術着を着ている人もいました。手術室には専任の医師がいて、手術室内の細々とした業務はその専任医師が担当という役割になっていました。なので、専任医師が赤色、実際に手術を行う医師が緑色の手術着を着る、と判りやすく色分けがされているんですねぇ~^^

まずは、麻酔から。横向きになり、背中を3回消毒され、注射針を刺された。「痛っ!!」というのは一瞬だけで、思っていたより痛くなかった。それから、ジワァ~~と薬が流れていくような感じで、足先から痺れるようにゆっくりと感覚がなくなっていった。冷たいアルコール液のついたガーゼを足に当てられ、「冷たくないですか?」と聞かれる。冷たくなければ麻酔が効いている証拠。足先は冷たさを全く感じなくなっていたが、太ももの辺りなど所どころ冷たく感じた。どうやら私は麻酔のかかりが悪いらしい…。麻酔医師は少々戸惑っていたが、手術の準備も整っていたので「まぁ、大丈夫でしょう」と言って始める事になった。「えっ?本当に大丈夫なの??」という私の戸惑いはさておき、執刀医は「かぼりんさん、始めますよぉ~」といって手術がスタート!

なんとなく痛いような、熱いような感覚が伝わってくる。例えると、ライターの炎をお腹の辺りに近づけてきているような「痛熱い?」感じ。「ちょっと痛いんですけどぉ~」とも今更言えず…。ひたすら、ガマン、ガマン…。

そして、手術は終わった。手術室に入ってから約1時間、あっという間の出来事でした。

すぐ先生に取り出した検体を見せられ、説明していただいた。キレイに切除していただいてホッとした反面、自分の一部がなくなってしまったという悲しい気持ちにもなる……でもすぐに自分の検体を確認することが出来たのでやはり全身麻酔にしなくて良かったと思う。

その後は病室に戻り、足には血行を良くするためのエアーマッサージ機を取り付けられた。そして、一眠り…Zzzz

約2時間後、目が覚め、まだ足先の方は麻酔が効いていた。明日の朝まで禁食なので、ずっと点滴をうける。1本目点滴が終わり、2本目の点滴をうけている時、早いペースで流れ落ちてるなぁ~と思っていたら、1時間半かかる予定の点滴が30分で終わってしまったのです。その後、急にひどい寒気、頭痛、吐き気に襲われ、一気に体調が悪くなった…。医師に伝えると「麻酔の影響でしょう。点滴は関係ないですよ」と言われたが、その隣で担当した看護師が「かぼりんさん、ごめんなさい…」と、ひたすら謝っていた。

「本当に関係ないのかな?」「もしかして医療ミス??」なんて、ちょっと怖くなる。

その日はずっと苦しくて……。夜中にも吐き気がして眠れなかった…。(T_T;

| | コメント (0)

今日から入院

いよいよこの日が来た!といった感じ。

初めてのことなので、必要なものを揃える準備に手間取った…。姉夫婦が来てくれて荷物を運んでくれたので本当に助かった。意外と荷物が多いんだよね~。

病室は3人部屋だけど、窓側で眺めが良く、居心地のいいベットだった。

荷物をまとめた後、姉夫婦と一緒に病院の展望レストランでランチを食べた。今日は食事の制限はないみたい。しばらく美味しいものは食べれないんだろうな~と思い、しっかりといただいた!

午後3時、担当主治医チームの医師から、手術前の説明を受けた。担当主治医から直接伺えないのか…。ずっと代理の医師から診察を受けてきて不安になることが多々あったので、手術前日にも会えないのが残念でした。

術前説明は、今回の手術の目的と内容、検査と治療のための手術であること、患部をどのように切除するのか、手術時、出血は多くない予定だが、出血した際の輸血の了解、抗生剤の投与について、他の臓器を傷つける可能性など…

1%以下であっても可能性のありうる合併症などについては全て説明するというものだった。そして、その書類に承諾のサインをした。「何事もありませんように…」と願いながら。

午後5時頃、麻酔科の医師が来た。全身麻酔を勧められたが、私は脊椎麻酔を希望した。自分の意識がないところで行われることが怖かったのと、自分の手術をちゃんと見届けたいという好奇心もあった。医師から脊椎麻酔の了解をいただき、その麻酔でおこりうる危険性について全て示され、了解のサインをした。

問題がおきた時のために予め多くの書類に承諾のサインをしなければならなかった。こんなに徹底的にサインを求められると、初めての者にとっては余計に不安になってくるが、仕方ないのかな。

午後8時、塩化ナトリウム、カリウムなどが成分の点滴を打たれた。

午後9時から禁食となり、そのまま就寝。意外と気分は落ち着いている。

| | コメント (0)

対 酒田市選抜チーム!

ドリームチーム 対 酒田市選抜チームの試合。

ドリームチームのスターティングラインナップ

1番 サード  松永浩美(ダイエー)

2番 ショート  辻発彦(西武)

3番 ファースト 加藤秀司(阪急・名球会)

4番 レフト   大島康徳(中日・名球会)

5番 DH    松原誠(大洋・名球会)

6番 センター 村上隆之(近鉄)

7番 ライト   カズ山本(近鉄)

8番 セカンド 前原博之(中日)

9番 キャッチャー 市川和正(大洋)

ドリームチームのピッチャー、山田久志(阪急・名球会)

私の担当回は今のところ4連敗×× 今回こそ!!と強く願っている!

山田さん、初回から打たれてしまい1失点…。

2回裏からピッチャー、遠藤一彦(大洋)、1イニング三者凡退!ステキ!!

また2回表にカズ山本のタイムリーツーベースヒットで、ドリームチーム同点!!

3回裏からピッチャー、津野浩(日本ハム)、4回裏に四球の後、連続ヒットで1点リードされるぅ~

しかし、5回表、吉永幸一郎(ダイエー)、松永、彦野利勝(中日)、本西厚博(阪急)の連続ヒットで2点加点!3-2で、1点リード!

5、6回裏は西崎幸広(日ハム)がピシャリと押さえた。

最終回、7回裏はピッチャー、与田剛(中日)!このままいけば勝てるぞぉ!

が、しかし………。

デットボール、フォアボール、ヒットと、一気にノーアウト満塁…。

「与田さ~ん、しっかり投げて下さい!!」

与田さんへの声はドリームチームのベンチからも聞こえてきた。でもそれは声援ではなく罵声…。かわいそうに…。

あまりの激しい煽りに焦ったのは与田さんだけではなかった…。球審も責任を感じはじめたようで…

「えっ?今の入ってます??」というボールがどんどんストライクで決まり、なんと、連続三振でゲームセット。

3対2で、ドリームチームが勝ちました…が、なんだかスッキリしないのは私だけでしょうか??

まぁ~、イベントゲームということで大目に……かなぁ?

次は広島です!お好み焼きの美味しいお店に行きたいなぁ~。

| | コメント (0)

« 2006年9月17日 - 2006年9月23日 | トップページ | 2006年10月1日 - 2006年10月7日 »